moco + lotta

moco0401.exblog.jp
Top
ありがとう
2010年 04月 08日 |
4月6日

実家の愛犬キャバリア マリーが虹の橋を渡りました

12歳と7カ月 もともと心臓が弱く 最近では腰もかなり弱らせていました

しかし持ち前の食欲は衰えず 週に一度は病院に通いながらも

元気に暮らしていました


それが数日前に食欲が落ち ほとんどの時間を寝て過ごしていたそうです

しかし 病院で栄養剤を打ってもらい 徐々に食欲も回復

目の輝きを取り戻した その矢先のことだったようです 


旅立ったその日も

朝はご飯を食べ 庭では1時間ほど日光浴もしていたそう

母は腰の弱ったマリーのために介護用のハーネスを新調したばかりだったようで

これからまた楽しくお散歩に行けるように

準備をしていたそうです


最後の時は誰も傍にいてあげられませんでした

母が仕事から帰ってきて 下のお世話をしているときに気付いたそうです

あまりに自然な状態で横たわっていたので

いつも通り寝ているのだと思ったそうです

キャバリアの平均寿命は12~13歳

老衰もあったのでしょう



母からの連絡を受けて

すぐに車で駆けつけました

その姿は まさにいつもの寝姿で 安らかなものでした

そして その姿を見た瞬間 安堵しました

マリーは苦しまずに天国に行けたのだと確信したからです

きっと本人も そんなつもりは無かったのではないかと思います

最後に立ち会えなかったのは凄く悲しいけれど

苦しまなかったのなら

それがなにより




ただ もう少しだけ待ってほしかった・・・

あまりにも突然すぎて 心の準備が全然整っていない


そして

今は桜の咲く時期

毎年私はマリーと2人で桜を見に行っていました

マリーが10歳を過ぎたころから来年もこの桜を一緒に見れますようにと

ある意味 節目のような感覚になっていました

もちろん今年も一緒に行こうと考えていました

モコとロッタと3ワンで記念撮影をしようと

計画していた日が8日

旅立った日が6日

もし一緒に桜を見れなくても この暖かい時期を一緒に体感したかった


マリーの事を思いながら

いつもの桜を見に行ってきました

あまりにもきれいな景色で マリーに見せてあげたかったと

涙しました

虹の橋の向こう側からマリーも見ているのでしょうか

このきれいな景色を

a0122619_1412967.jpg


マリーと出会ってから12年と4カ月

あまりに沢山の思い出がありすぎて

感謝しても感謝しきれないくらいだけれど

今あなたに言える言葉は

ただ一つ

「ありがとう」


にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
にほんブログ村
[PR]
by erimarimoco | 2010-04-08 00:40 | marie |
<< moco 1歳と1か月になりました☆ PageTop 今更アップ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Frame 3 Skin by Sun&Moon